FIREを目指すきっかけ

FIRE

今回は何故HodoがFIREを目指すようになったかについて説明しようと思います。

まず、FIREとは何かというと、Financial Independence, Retire Early の頭文字をとった言葉で、経済的独立と早期退職の意味になります。若いうちにたくさんお金を稼いで、仕事をせずに生きていくというライフスタイルですね。

FIREが流行したのはこの数年だと思いますが、以前から似たようなものはあり、「早期リタイア」とか「アーリーリタイア」、「セミリタイア」という言葉が使われいたかと思います。Hodoも実はFIREが流行る前から早期リタイアについては意識していたところがあります。47歳でアーリーリタイアされた内山直さん著の「幸せの確率」という本の影響を受けてのことです。ただ、当時は住宅購入したばかりのときで、まだまだ稼がなければ!という気持ちが勝っていました。

そしてFIREを目指し始めたのは、今年のGWからです。GWは外出せずにずっと家にいたので、ひたすらyoutubeやSNSやらを見てたわけですが、どのチャンネルがきっかけだったかは覚えてはいないのですが、自分にもFIREできるんじゃないかと思うようになりました。米国株投資すれば儲かりそうだ、というのに本気で解ってきたのがこの頃(遅っ)で、順調に利益が出ればFIREできると考えたわけです。twitterを始めたのもこの頃です。厳密には昔何かで作ったアカウントを再利用していますw

FIRE目指す前から投資はしていたものの、投資額は総資産の30%くらいでかなり控えめでした。年利1%~2%稼げれば十分だという認識だったわけです。そして、投資系のyoutubeやブログを見て回ったとき、他の投資家のみなさんが資産のほとんどを投資にまわしている方が少なくなく、衝撃を受けたものです。FIRE自体、総資産に対して平均4%の利益をコンスタントに出せることが前提になってて、まずそこのギャップを埋める必要があると気づき、GWあたりから投資額を増やせる限界まで増やすべく始動しました。

その後どのように投資を進めていったかは別途書き記したいと思いますが、今回はここまでとします。


最後まで読んで頂きありがとうございます♪ よろしれけば応援クリックおねがいします!
にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ 稼ぐブログランキング
FIRE
スポンサーリンク
Hodoをフォローする
氷河期FIRE

コメント

タイトルとURLをコピーしました